設備紹介

equipment設備紹介

厳選した医療機器及び材料で安心安全をご提供します。

質の高い治療をご提供する上で術者本人の技術は、当然重要です。

しかし、より精度の高い結果を求めるためには、最新器材や高品質な材料が欠かせません。

常に質の高い治療を目指すために

当院では、 厳選した医療機器及び材料を取り揃えて、患者様のために最善を尽くしております。

患者様も安心なプライベート空間

当院では、従来の診療スペースに加え、完全個室の治療スペースもご用意しております。

個室型オペ室には、マイクロスコープやCT画像を映し出す大型ディスプレイなどの最新器材を取り揃え、より安全に、安心して施術を受けていただける環境を整えております。

隣の治療スペースから聞こえてくる治療音が怖い、他の方にお口の状態を聞かれることが恥ずかしい、といった患者様のお気持ちに寄り添った治療を行うことが可能です。

患者様も安心なプライベート空間患者様も安心なプライベート空間

より精密な治療のために

肉眼では見えない部分まで治療可能なマイクロスコープ

肉眼では見えない部分まで治療可能なマイクロスコープ

マイクロスコープとは医療用の顕微鏡で、脳や心臓外科の手術などでも使用されています。
肉眼では捉えることのできないものを、約3〜25倍以上にまで拡大して見ることが可能です。
日本全国における歯科医院でのマイクロスコープ導入率は非常に低く、5%未満と言われています。

しかしながら口の中や歯の内部は暗く見えにくいため、肉眼での治療にはどうしても限界があります。

そこで当院ではマイクロスコープを歯科治療現場に取り入れることにより、肉眼では見ることができなかった根管(歯の根)の内部や歯の切削面、歯周組織など様々な状態を詳細に、精巧に把握することが可能になりました。

削る部分や治療する部分を最小限に抑えることで患者様の負担を軽減し、尚且つ感染部分の取り残しがないように、様々な歯科治療においてマイクロスコープを使用しております。

結果、従来以上に質の高い歯科治療の提供に繋がっております。

視野拡大サージカルルーペ

視野拡大サージカルルーペ

8倍に拡大して見ることで、治療部位の正確な把握に努めます。
主に、マイクロスコープを用いるほどではない軽微な治療で使用しています

目で見てわかりやすい患者様へのご説明のために

口腔内カメラ

口腔内カメラ

お口全体、顔面などの周囲とのバランスも確認するために撮影します。

他の検査結果や画像などとあわせて患者様のデータを蓄積していくことで、長期的な管理に役立てております。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

患者様のお口の中の汚れを採取・検査し歯周病菌がいるかどうか確認し、そのデーターを説明・保存するための装置です。

高倍率倍率で歯垢(プラーク)を確認できるため驚きの映像がご覧になれます。

痛みの少ない治療のために

エルビウム ヤグレーザー

エルビウム ヤグレーザー

エルビウム ヤグレーザーは、厚生労働省が認可した歯を削ることのできる唯一のレーザーで、組織の表面のみに作用するため発熱が少なく、痛みが非常に少ないのが特徴です。

レーザーの熱作用により、虫歯菌や歯周病菌を殺菌することができるため、虫歯や歯周病、歯根の治療に効果があります。

表面麻酔

表面麻酔

注射をする部位には表面麻酔をあらかじめ塗布し、針が刺さる時の痛みを和らげます。

電動注射器

電動注射器

注射が最も痛いと感じるのは、薬液が体内に注入される時です。この痛みは、薬液を一定のスピードでゆっくり注入すると軽減されます。当院では注入スピードを自動でコントロールする電動注射器を使用し、痛みを最小限に抑えていきます。

極細(33G)の注射針

極細(33G)の注射針

注射は使用する注射針の太さが細いほど、針が刺さる痛みを抑えられます。当院の麻酔注射では医療用の注射針の中で最も細い33Gを使用しています。

最新鋭のデジタル機器

3Dデジタル印象「iTero エレメント」

3Dデジタル印象「iTero エレメント」

口腔内スキャナーとして初めて近赤外光画像技術(NIRI技術)を搭載し、歯牙の内部構造をリアルタイムでスキャンできるハイブリッドな性能をもった画期的な口腔内スキャナーです。

近赤外光画像技術によって、電離放射線を暴露することなく、歯牙構造を可視化して隣接面う蝕(虫歯)の発見を補助します。

この装置を利用することで、嘔吐反射のある方でも吐き気に苦しむことなく歯形を取ることができます。

歯科用CT

歯科用CT

レントゲン検査は平面画像で情報を得るのに対して、歯科用CTは細部にわたる詳細データが3次元の立体画像で把握することが可能です。歯の根や顎の骨の状態、神経や血管の位置などを確認できるので、正確な診断ができ、精度の高い治療を可能にします。また立体画像なので患者様にお口の状態をわかりやすくご説明できます。

徹底した滅菌・院内感染対策

洗浄・消毒・滅菌の徹底

洗浄・消毒・滅菌の徹底

治療の際に使用するもので使い捨てが可能なものは、全て患者様ごとに破棄しています。(例:コップ、エプロン、手袋、注射針、麻酔液カートリッジ、外科用メスなど)

使い捨てが不可能な治療用器具は、洗浄・滅菌を行い、治療直前に滅菌パックを開封することで埃などの付着も防止します。

患者様の安心・安全のためにも、感染対策は目に見えないからこそ重要であるという理念のもとに、完全滅菌にこだわり、院内感染予防に努めております。

快適な治療のために

エアフロー

エアフロー

炭酸水素ナトリウムやグリシンなどの粒子をウォータースプレーで吹き付けることによって、歯の表面を掃除するための機器です。しつこいバイオフィルムやタバコのヤニ、食べ物の着色もとることができます。