料金表

fee当院の治療費用について

料金表

インレー(詰め物)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

費用(税込) 長所 短所
e-max セラミックインレー ¥66,000 審美性No.1
金属アレルギーならない、段差できにくい
極度の衝撃に弱い
大臼歯に不向き
ジルコニアセラミックインレー ¥88,000 金属と同等の硬さ・割れにくい
金属アレルギーならない、段差できにくい
透明感がないので審美性下がる
費用高い
ゴールドインレー ¥66,000 噛み合わせの歯に負担が少ない
段差できにくい
金色で目立つ
メタルインレー(保険) 保険適用 保険内低価格 色が目立つ、二次カリエスのリスク
金属アレルギーの可能性UP
クラウン(被せ物)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

費用(税込) 長所 短所
メタルボンドクラウン ¥143,000 自然に近い白、ほぼ変色無
プラーク付着しにくい。内側金属なので耐久性高い
極度の衝撃で割れる
内側金属なので、
変色することがある
ジルコニアクラウン プレミアム ¥220,000 割れにくい・壊れにくい(強度がある)
色が白く透明感があり、審美的(見た目が自然)
研磨や調整が難しい。
スタンダード ¥165,000
エコノミー ¥143,000
e-maxクラウン ¥110,000 強度がある、二次カリエスなりにくい
変色しにくい、削る量少ない
透明感がないので審美性に欠ける
ゴールドクラウン 小臼歯 ¥110,000 耐久性がある、金属アレルギーなりにくい噛み合わせに自然になじむ 色が目立つ
大臼歯 ¥132,000
ラミネートべニア ¥121,000 自分の歯を残せる 歯を削る場合がある
メタルクラウン(保険適応) 保険適用 健康保険適用なので費用安価 色目立つ、二次カリエスなりやすい
金属アレルギーになる可能性ある
CAD/CAM(保険適応) 保険適用 健康保険適用なので費用安価 割れることがある、年月経つと変色の恐れあり
小臼歯のみ適応
レジン前装冠(保険適応) 保険適用 健康保険適用なので費用安価
色が白いので見た目良し
色が変色する、二次虫歯になりやすい
金属アレルギーになる可能性ある
ホワイトニング

※表は左右にスクロールして確認することができます。

費用(税込) 長所(概要) 短所
ホームホワイトニング ¥33,000 自宅で好きなとき施術可能
ジェルを購入すれば継続的に使用可
手間がかかる
白くなるのにオフィスより時間がかかる
オフィスホワイトニング ¥33,000 1度でしっかり白さを出せる
白さの相談をしながら行える
施術には来院が必要
デュアルホワイトニング ¥55,000 オフィス施術後の色の後戻りを自宅で防げる
とにかく歯を白くしたい人
施術には来院が必要
タッチアップホワイトニング ¥16,500 オフィス後1年以内に後戻りが気になる時に 施術には来院が必要
術前エアフロー、
オフィスホワイトニングセット
¥33,000 全体的な汚れをエアフローで落とし、よりきれいな状態でホワイトニングできる 施術には来院が必要
矯正歯科

※表は左右にスクロールして確認することができます。

費用(税込) 長所(概要) 短所
成人矯正(ワイヤー) ¥935,000 強制的に動かすので、Ptの協力少なくても進む 固定なのでCのリスクあり、ハブラシしにくい
成人矯正(インビザ) ¥1,100,000 取り外し可能なので衛生的に保てる
ハブラシしやすい
ご自身で管理してもらうので協力必須
小児矯正(拡大床等) ¥385,000 あごの成長をコントロールできる ご自身で管理してもらうので協力必須
リンガルアーチ ¥55,000 早期に抜けた歯の隙間が小さくならないようにする 装置の違和感・痛み
ハブラシしにくい
エクストリュージョン ¥55,000 歯肉の下に入り込んだ歯質を引っ張り上げる
歯を抜かない治療
保険外診療になる
部分矯正(MTM) ¥220,000 気になる部分だけ治療ができる 適応症例が限られる
リテーナー(矯正用保定装置) ¥11,000
外科処置

※表は左右にスクロールして確認することができます。

費用(税込) 長所(概要) 短所
インプラント ¥440,000 天然歯と同じ感覚で噛める
メンテナンスすれば半永久的
費用高い、治療期間長い
FOP(歯肉剥離掻爬術) ¥33,000 SRPだけでは取り切れない
重度の歯石とり
重度の歯周病治療に有効
歯石の再発を防ぐ
歯肉が下がるので、知覚過敏でやすい
CLP(歯冠長延長術) ¥33,000 補綴物の適合性を良くする
歯の見える範囲を広げる
ダウンタイムあり
GBR(1部位)(骨再生誘導法) ¥110,000 インプラント治療と併用
骨が少ないときに歯槽骨を再生する
骨量確保できるので安全性高い
治療期間が長く、特定の疾患を持つ人は処置できない場合がある
サイナスリフト
ソケットリフト
¥110,000 インプラント埋入の為に上顎洞に骨補填剤を埋入する 外科必須、治療期間長い
アピコ(歯根端切除) ¥110,000 根尖病巣が根治で治らないときに直接病巣を切除する方法
歯を抜く選択をしなくてよい
外科必須・感知しなければ抜歯かも
再生療法 ¥110,000 歯周病によって失われた骨が取り戻せる 外科必須
その他

※表は左右にスクロールして確認することができます。

費用(税込) 長所(概要) 短所
マイクロエンド(精密根管治療) 前歯:¥66,000~ マイクロスコープを使いendoを行う
より精度の高い根管治療が行える
保険外
臼歯:¥88,000~
MTA(歯髄保存療法) ¥33,000 endoに比べて通院回数が少なくてすむ
歯自体の寿命も少し長くなる
全ての症状に適応できない
保険外診療
ウォーキングブリーチ(1歯) ¥33,000 退色した失活歯の色を白くする 薬剤交換で数回通院必要
ダイレクトボンディング(1歯) ¥33,000 短期間で治療が可能 外れたりする場合がある

デンタルローンについて

お支払い方法は、治療費用を分割払いができるデンタルローンを使用することが可能です。

デンタルローンのお支払例-

インプラント:44万円(税込)の場合
※ジャックスを使用(年率3.9%)

  • 支払回数12回(1年)
    37,455円✕11回 ※12回目は37,448円
  • 支払回数24回(2年)
    19,087円✕23回 ※24回目は19,086円
  • 支払回数36回(3年)
    12,970円✕35回 ※36回目は26,941円

医療費控除について

歯の自由診療は高価な材料を使用することが多いため、保険が適用される治療よりも高額になりがちですが、自由診療にした場合は医療費控除の対象となります。医療費控除とは、自分自身や生計を一にする家族が一定額以上の医療費を年間で支払った場合に納めた税金の一部が戻ってくる制度で、確定申告すれば還付金を受け取ることができます。

医療費控除の対象となる金額は、次の式を元に計算します。

課税所得金額:500万円の人の場合

扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかった場合、式にあてはめて計算すると

「医療費控除額=90万円-10万円=80万円×税率30%=24万円」

となります。
確定申告後に24万円が還付されるので、実際の治療費は66万円ということになります。

国税庁(医療費控除)について»