2020.04.22

【院内環境】

院内感染防止のため改めて『院内環境』の取り組みを見直しました。

1.常時、排煙窓及び入口ドアを開放し密室にしない。

2.ドアノブなど患者さまが直接お手を触れる箇所は定期的にアルコール消毒をしています。

3.目の保護としてゴーグルやフェイスシールドを使用し、マスク、オペ用キャップを着用。

4.飛沫感染防止として会計場所にアクリル板を設置。

5.スタッフは積極的に手洗い・手指消毒をしております。

6.患者さまおひとりの治療が終わりましたら、使用したコントラやタービン類は消毒したのち滅菌しております。

7.待合室の雑誌・本・iPadはしばらくの間撤去しております。

8.空気清浄機は常時稼働させております。

お車でお越しの患者さまで、車内でお待ちをご希望の場合、受付にお申し出ください。ご案内近くになりましたらお電話でお知らせさせていただきます。

あとどのくらいこの状況が続くかわかりませんが、みなさまどうぞお気をつけください。

 

トップページへ戻る