2020.02.04

【治療症例】

奥歯をやむなく抜歯し、隣の親不知を矯正で抜歯をした歯の位置にまで移動させることで歯列・咬み合わせも治しました。このように、親不知を利用するという治療方法もあります。

トップページへ戻る